スポンサーサイト / --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あかい、おり / 2013年03月15日

hakua2-3.jpg


迷宮に閉じ込められた唄鳥。
あれ程までに憎悪した束縛を、
僕は君に強いている。
永遠に出れないように、
誰の目にも触れないように、
僕だけの君。
愛情が執着にかわる瞬間。



ぐるぐるしてる。常ぐるたん。
昔は奔放に色々書いてた気がする。
2005年あたり。
蜜をお迎えしたのはもう少し前だけど、
ミクシィをはじめたのは、2005年ですね。

あの頃はすきにとってすきに書いて、楽しかった。
若かったなあ。
若さゆえの感性。
若さゆえの奔放さ。
若さゆえの過ち。

全てが硝子瓶につまって
海をぷかぷか浮かんでいる。

つまらない大人になったんだなあって。


て!

暗いよ!
明るいことを書かねば。
むしろ人形関係なくてごめんなさい。

写真の白逢の色が気に入っています。
ひかりすき。

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。